ももさき皮ふ科ブログとお知らせ

January 18, 2019

足白癬は冬になると症状が治るのはなぜですか?下関 皮ふ科

 

 夏が過ぎ秋になると白癬菌の増殖が止まり、その数が減ってきます。白癬菌は角層の下にまで増殖しないと、痒みや水膨れといった症状を起こさないので、白癬菌が少なくなると、治ったように見えます。つまり冬には白癬菌が少なくなって、症状が出なくなっているだけで、白癬菌は残っています。白癬菌が残っていると、春から夏にかけて高温多湿の季節になるとまた白癬菌は増え、足白癬の症状が出てきます。

監修

医学博士
渡辺 晋一先生
(帝京大学医学部皮膚科 教授)

 

ももさき皮ふ科 院長

桃崎 直也 
 

January 18, 2019

冬に軟膏やクリームを塗る時は?

 軟膏やクリームでは冬に気温や室温が下がると、硬くなって塗りにくい薬があります。特に軟膏はクリームに比べて硬くなりやすい傾向があります。軟膏やクリームは硬いまま無理に塗ると、塗りにくいだけでなく、皮膚にダメージを与えたり、痒みの原因となります。塗る前に手のひらや手の甲に取って、少し温めると、直ぐに柔らかくなるので、それから使用して下さい。

監修

大谷 道輝 先生
(東京逓信病院薬剤科)

下関市 田中町 ももさき皮ふ科 

院長  桃崎 直也

Please reload

お知らせ

“皮脂欠乏症? 下関皮ふ科

2019/10/15

1/50
Please reload

症例目次
アーカイブ