ももさき皮ふ科ブログとお知らせ

秋に多くなる皮膚の症状を説明します。

皮脂欠乏症(乾皮症)
• 皮脂欠乏症は皮膚の表面の油が減少するこ とにより皮膚の水分が減少して乾燥を生じる 状態。
• 下腿、大腿外側、腰臀部に症状が出やすい。
• 秋から冬にかけて60歳以上の 95%に下腿の乾皮症を認め、 その半数がかゆみを訴える。
乾皮症を引き起こす要因
①加齢 女性のほうが男性より、やや早めの年齢で皮膚 の乾燥が始まる。
②季節 空気が乾燥しやすい秋から冬に多い。
③基礎疾患 アトピー性皮膚炎、糖尿病、血液透析、抗がん剤 治療
④生活習慣

とびひとは民間で言われる俗名で、皮膚科の正式病名は伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と言います。細菌による皮膚の感染症です。ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌と略します)などが原因菌です。接触によってうつって、火事の飛び火のようにあっと言う間に広がるから、たとえて“とびひ”と言うのです。あせも・虫刺され・湿疹などをひっかいたり、転んでできた傷に二次感染を起してとびひになります。また、鼻孔の入り口には様々な細菌が常在しているため、幼児・小児で鼻を触るくせがあると、鼻の周囲からとびひが始まったり、その手であせもや虫刺されなどをひっか...

伝染性膿痂疹(とびひ)

水ぶくれや糜爛(びらん)からの浸出液を触ったり、引っ掻いたりすると、中の細菌で次々にうつります。特に鼻の入り口には原因の細菌が沢山いるので鼻をいじらないようにしましょう。
病変が広範囲の場合や全身症状のある場合は学校を休んでの治療を必要とすることがありますが、病変部を外用処置して、きちんと覆ってあれば、学校を休む必要はありません。

日本皮膚科学会

February 14, 2019

 疥癬の原因は? ヒゼンダニです。下関 皮膚科

Q2. 疥癬の原因は? A2. ヒゼンダニです。

「ヒゼンダニは小さなダニですが、虫メガネで見ることができます。ヒゼンダニは手首 や手のひら、指の間、ひじ、わきの下などに済寧トンネルと呼ばれる横穴を掘り、その 中に卵を産みつけ、幼虫から成虫になっていきます。

ヒゼンダニは、人の体温がいちばん生活に適しており、人の肌から離れると長く 生きられません。高熱や乾燥に弱く、50°C以上の環境に10分間以上さらされると 死ぬことがわかっています。

監修

医学博士
石井 則久
(国立感染症研究所ハ...

February 14, 2019

疥癬(かいせん)下関 皮膚科

Q1. 疥癬ってどんな病気?

A1「ヒゼンダニ」がヒトの皮膚に寄生しておこる皮膚の病気です。

「疥癬」は「ヒゼンダニ」という小さなダニがヒトの 皮膚に寄生しておこる皮膚の病気で、ヒトから ヒトへうつります。疥癬には、通常疥癬(普通に 見られる疥癬)と角化型疥癬の2つのタイプが あります。通常疥癬で寄生するヒゼンダニの数 は数十匹以下ですが、角化型疥癬では100万 ~200万匹であり、その感染力に大きな違いが あります。

監修

医学博士
石井 則久
(国立感染症研究所ハンセン病研究センター センター長)

和田 康夫
...

February 13, 2019

疥癬(かいせん)下関 皮膚科

疥癬(かいせん)という病気をご存知ですか?

 ヒゼンダニによる感染症です。ヒゼンダニは肥前の国のダニではありません。「皮癬ダニ」と書きます。このダニは有史以来、世界中の人間と仲良く生きてきました。ノルウェーでは、ハンセン病の医師であるダニエルセン(ハンセン先生の義父)らによって1848年に「ノルウェー疥癬」という病態を世界に発信しました。以後、重症の疥癬をみるとフィヨルドの国、ノルウェーに思いを寄せることになります。

 この疥癬、親しい男女間での病気だったのが、最近では高齢者施設、病院・療養施設の病気に移って...

 早期治療の重要性

患部をかき壊してしまうと、治療期間が長引くだけでなく、治ってからも傷痕が残ることがあります。 また、かき壊した傷口は細菌が増殖し、化膿しやすい状態になります。
症状を早く治すためには、以下の2つがポイントです。

・原因を取り除くこと
・かかない(新たな刺激を与えない)こと
つまり、炎症の悪化サイクルを断ち切ることが、症状を早く治す近道といえます。
さらに、皮膚トラブルに気づいたら、すぐにしっかりとした治療を行いましょう。 かゆみは、炎症が起きている間は続きます。従って、強い抗炎症作用を持った薬で炎症を抑...

December 18, 2018

痒疹 かゆみ ?下関 皮膚科

痒疹は虫刺されのような痒いポツポツとした皮膚のもりあがり(丘疹)がいくつもできる病気です。一時的ですぐに治ってしまうのもから、体中に広がっていつまでも治らず硬いイボのようになってしまうものまであります。非常にかゆいので夜も眠れず大きな悩みになります。一方、痒そうな病変はなにもないのに体中がかゆくなることがあり、皮膚そう痒症と呼ばれます。

監修

佐藤 貴浩 先生
(防衛医科大学校皮膚科学教室 教授)

 

ももさき皮ふ科 院長

桃崎 直也 
 

December 18, 2018

痒疹どのような治療がよいのですか? 下関 皮膚科 かゆみ

多くはステロイド外用薬とかゆみに対して抗ヒスタミン薬が用いられます。体中にある場合には紫外線療法を行うことがあり、かゆみにもよく効きます。痒いイボのようなかたまりがなかなか消えないときには液体窒素による冷凍凝固療法も行われます。その他にビタミンD3軟膏が有効なこともあります。しかしステロイド外用薬と抗ヒスタミン薬以外は保険適用外の治療です。症状の非常にひどいときにステロイド薬や免疫抑制薬の内服が行われますが、この病気で長く飲み続けることは望ましいことではありません

監修

佐藤 貴...

December 18, 2018

痒疹はなぜできるのですか? 下関 皮膚科 かゆみ

今のところはっきりとわかっていません。虫刺されがきっかけのことやアトピー性皮膚炎のようなアレルギーが関係していることもありますが、そうでない人もたくさんみられます。またまれに内服薬が原因になっている場合もあります。痒疹のタイプによっては、長い間引っ掻き続けてしまうということも一因になっていると考えられています。

監修

佐藤 貴浩 先生
(防衛医科大学校皮膚科学教室 教授)

 

ももさき皮ふ科 院長

監修 桃崎 直也 
 

Please reload

お知らせ

“皮脂欠乏症? 下関皮ふ科

2019/10/15

1/50
Please reload

症例目次
アーカイブ