ももさき皮ふ科ブログとお知らせ

January 13, 2015

いつになったら治るのでしょう?(じんましん)下関駅 皮膚科

 

蕁麻疹の経過について、これまでに信頼できる調査報告はほとんど行われておりません。しかしほとんどのものは、たまたま一度だけ現れるか、繰り返して起きても1ヶ月以内に起こらなくなります(急性蕁麻疹)。物理性蕁麻疹やアレルギー性蕁麻疹など、原因のはっきりしているものは原因刺激を避けている限り症状は起こりませんし、刺激に対する過敏性にしても、何ヶ月、あるいは何年かの時間が経過するうちに次第に低くなることが多いようです。
 一方原因のはっきりしない慢性蕁麻疹の場合は、自分自身では症状の...

January 13, 2015

時々眼や唇が腫れるのも蕁麻疹ですか?(じんましん)下関駅 皮膚科

 

蕁麻疹の特殊型の一つに、時々目や唇などが腫れる「血管性浮腫」と呼ばれるものがあります。通常の蕁麻疹は、皮膚のごく表層の血管が反応して症状が現れますが、血管性浮腫は皮膚の深いところの血管が反応します。そのため通常の蕁麻疹のような境界のはっきりした膨疹ではなく、赤みもあまりはっきりしない皮膚の腫れとして現れてきます。この変化は特に眼、まぶたを初めとする顔面に現れやすい傾向がありますが、手や腕、足などに起こることもあります。また通常の蕁麻疹と異なり、痒みがなく、一度現れると...

January 13, 2015

遺伝しますか?(じんましん)下関駅 皮膚科

 

蕁麻疹は他の人にうつることはなく、ごく一部の例外を除いて遺伝することもありません。アレルギー性蕁麻疹の人で、いろいろな物質に対してアレルギー反応を起こしやすい体質(アトピー)がある人では、その体質はある程度遺伝する傾向があります。しかし具体的に何に対してアレルギー反応を起こすようになるかはその人が生まれてから後の生活環境の中で決まっていきます。例えば両親のいずれかにソバアレルギーがあると、そのこどもにもソバアレルギーが遺伝するという訳ではありません。遺伝する蕁麻疹としては、寒冷蕁麻疹の中の...

January 13, 2015

蕁麻疹の治療法は?(じんましん)下関駅 皮膚科

 

蕁麻疹の治療の第1は、できるだけ原因・悪化因子を探し、それらを取り除く、または避けるようにすることです。第2は薬による治療です。蕁麻疹には様々な種類がありますが、そのほとんどの場合は結局マスト細胞から遊離されたヒスタミンが血管および神経に働くことで症状が現れます。そこでこのヒスタミンの作用を抑えるために、抗ヒスタミン薬または抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬が用いられます。これらの薬は蕁麻疹の種類によらず効果が期待できます。ただし明らかな効果が期待できるのは内服薬、または注射薬として...

January 13, 2015

どんな検査が必要ですか?。(じんましん)下関駅 皮膚科

蕁麻疹が起きる仕組みには大きくアレルギー性のものと非アレルギー性のものがあり、アレルギー性のものについては血液検査または皮膚を用いた検査で比較的簡単に判定することができます。皮膚を用いる場合は原因として疑われる物質を皮膚に注射(皮内テスト)、あるいは皮膚に載せて針で突く(プリックテスト)などの方法があります。ただしこの方法で陽性であったとしても、それらがすべて蕁麻疹の原因とは限らないので、最終的には臨床症状やそれまでの経過などを併せて判断します。
 機械的圧迫や擦過、寒冷、温熱、...

January 13, 2015

内蔵の病気と関係ありますか?(じんましん)下関駅 皮膚科

 

多くの蕁麻疹は突然に現れ、跡かたなく消えてはまた現れるということを繰り返すため、とかく内臓の病気の反映と思われやすいものです。確かに一部の症例では、甲状腺疾患、ウイスル性肝炎、胃炎などが背景にあって蕁麻疹が起こりやすくなっていることがあります。また、膠原病、血清病、血管炎などのように、皮膚を含む全身の病気の一部として蕁麻疹が現れていることもあります。しかし大部分の蕁麻疹は内臓の病気とは関係なく、いくら詳しく内臓の検査を行っても、蕁麻疹につながる手がかりを得ることができません。
...

January 13, 2015

ストレスが原因といわれましたが本当ですか?(じんましん)下関駅 皮膚科

 

こころと体のストレスは、一定の限度を超えると様々な病気の原因となったり症状を悪化させたりすることがあります。蕁麻疹に対しても例外ではなく、ストレスはしばしば蕁麻疹を悪化させる要因となります。食物、物理的刺激など、他に明らかな原因や誘因がある場合はストレスの影響はあまり目立ちませんが、毎日のように繰り返し症状が現れる蕁麻疹(慢性蕁麻疹、Q8参照)では、心身のストレスにより症状が悪化することが多いようです。心理学的な調査により、慢性蕁麻疹を患っている人には自覚しない...

January 13, 2015

思い当たる理由なく毎日症状を繰り返しています。(じんましん)下関駅 皮膚科

 

蕁麻疹には、特定の食品や、寒冷・機械的刺激のような特定のきっかけがあった時にだけ現れるタイプのものもありますが、多くの蕁麻疹は何日にも亘って症状が出没します。蕁麻疹の背景に感染症や疲労などの原因が潜んでいることはありますが、多くの場合、一回一回の症状は直接思い当たる理由無く現れてきます。最初の症状が出始めてから1ヶ月以内のものを急性蕁麻疹、それ以上続くものを慢性蕁麻疹と呼びます。
 慢性蕁麻疹では、ほとんどの場合は原因を明らかにすることができません。最近の研...

January 13, 2015

その他どんなことで起きるのでしょう?(じんましん)下関駅 皮膚科

 

蕁麻疹の原因、誘因には実に様々なものがあり、表に挙げるようなものが知られています。これらの原因は、必ずしも誰にでも蕁麻疹を起こす訳ではなく、ある種の過敏体質と、外的要因が組合わさった時に症状が現れます。最近、小麦製品、エビなどの特定の食物を食べた後、すぐに運動すると蕁麻疹、血圧低下、気分不良、呼吸困難などの症状(アナフィラキシー)を現し出す例があることが分かってきました。この場合は、原因食物か運動のいずれかを避けることで症状出現を避けることができます。
 なお、急性の...

January 13, 2015

風呂上がりに出るブツブツもそうですか?(じんましん)下関駅 皮膚科

 

入浴や運動など、体が温まった時、あるいは精神的緊張により汗が出る時に現れる蕁麻疹があります。コリン性蕁麻疹と呼ばれ、一つ一つの皮疹の膨らみ(膨疹)が1~4mm程度と小さいことが特徴です。小さな発赤がつながったようになることはありますが、他のタイプの蕁麻疹のように大きな平べったい膨らみにはなりません。通常、膨疹の周りを発赤が取り囲みますが、逆に周りが白く抜けたようになることもあります。大部分のものは出現して30分~1時間以内に消失します。もし何日も続くようであれば、蕁...

Please reload

お知らせ

“皮脂欠乏症? 下関皮ふ科

2019/10/15

1/50
Please reload

症例目次
アーカイブ