ももさき皮ふ科ブログとお知らせ

秋に多くなる皮膚の症状を説明します。

皮脂欠乏症(乾皮症)
• 皮脂欠乏症は皮膚の表面の油が減少するこ とにより皮膚の水分が減少して乾燥を生じる 状態。
• 下腿、大腿外側、腰臀部に症状が出やすい。
• 秋から冬にかけて60歳以上の 95%に下腿の乾皮症を認め、 その半数がかゆみを訴える。
乾皮症を引き起こす要因
①加齢 女性のほうが男性より、やや早めの年齢で皮膚 の乾燥が始まる。
②季節 空気が乾燥しやすい秋から冬に多い。
③基礎疾患 アトピー性皮膚炎、糖尿病、血液透析、抗がん剤 治療
④生活習慣

とびひとは民間で言われる俗名で、皮膚科の正式病名は伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と言います。細菌による皮膚の感染症です。ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌と略します)などが原因菌です。接触によってうつって、火事の飛び火のようにあっと言う間に広がるから、たとえて“とびひ”と言うのです。あせも・虫刺され・湿疹などをひっかいたり、転んでできた傷に二次感染を起してとびひになります。また、鼻孔の入り口には様々な細菌が常在しているため、幼児・小児で鼻を触るくせがあると、鼻の周囲からとびひが始まったり、その手であせもや虫刺されなどをひっか...

Please reload

お知らせ

“皮脂欠乏症? 下関皮ふ科

2019/10/15

1/50
Please reload

症例目次
アーカイブ
Please reload