ももさき皮ふ科ブログとお知らせ

May 17, 2017

乾癬 について 乾癬はどういう病気ですか?

 銀白色の鱗屑(皮膚の粉)をともない境界明瞭な盛り上がった
紅斑が全身に出ます(図1、図2)。
 乾癬の患者さんの90%位がこの症状です(尋常性乾癬と呼びます)。
 大きさ、数、形は様々で、発疹が癒合して大きな病変を作ることもあります。できやすい部位は慢性の機械的な刺激を受けやすい頭部、肘・膝、臀部、下腿伸側などです(Q6参照)。
 青壮年期に発症することが多く、多発しますが、通常、内臓を侵すことはありません。
 かゆみは約50%の患者さんにみられます。爪の変形(図3)や関節炎を伴うこともあ...

May 17, 2017

乾癬 について どんな時に発疹が出やすいですか?

 上気道感染(かぜ、扁桃炎)などの感染症、擦ったりする機械的刺激、

特殊な薬剤、仕事や家庭でのストレスなどがあげられます。
 
 逆に日光(紫外線)は乾癬に対し良い効果があります。

 顔は発疹があまり出ませんが、これは紫外線のためと考えられています。

 乾癬の場合、発疹の存在そのものにより精神的、社会的に

生活の質(QOL)が障害されていることに加え、慢性であるがゆえの治療

(特に外用療法)の煩わしさが存在します。治療に対する不満は、

それ自体がストレスとなりますから納得が...

乾癬 について 日常生活上の注意は何ですか?

 食べ物はバランスよく、また規則正しい生活を勧めます。

カロリーのとりすぎは乾癬を悪化させます。

 またストレスも皮疹を悪化させますのでできるだけ避ける工夫を

考えてください。

 日光浴を勧めます。ただし紫外線照射で逆に悪化する患者さんも

いますから過度な日光浴は避けて下さい。

乾癬は慢性に経過することが多いので、経過中ふだんと異なる

発疹や症状が出た場合は遠慮なく医師(皮膚科専門医)に

相談したらいいでしょう。

公益社団法人 日本皮膚科学会 HPより

監修 中川 秀己 先生
...

November 5, 2014

乾癬 について 治りますか?

 乾癬は慢性で発疹を繰り返し作る病気ですが、

 
治療により発疹が完全に消失する経験は30~70%の

患者さんでみられますし、長期にわたって発疹がでない、

あるいは自然消褪する患者さんもまれではありません。

 症状が良くなったら、乾癬を悪化させる要因

(不規則な日常または食生活、ストレスなど:Q3参照)を

できるだけ避けることで再発を防ぐよう心掛けましょう。

公益社団法人 日本皮膚科学会 HPより

監修 中川 秀己 先生
(東京慈恵会医科大学皮膚科 教授)

Please reload

お知らせ

“皮脂欠乏症? 下関皮ふ科

2019/10/15

1/50
Please reload

症例目次
アーカイブ
Please reload