ももさき皮ふ科ブログとお知らせ

性感染症 STI 病原体はどこから感染するのですか?山口 皮ふ科 下関 皮膚科

 精液を介してクラミジア・トラコマティス、単純ヘルペスウイルス、マイコプラズマ・ジェニタリウム、淋菌、HBV、HCV、HGV、サイトメガロウイルス、HIV、HTLVが、頸管粘液からクラミジア・トラコマティス、単純ヘルペスウイルス、マイコプラズマ・ジェニタリウム、淋菌、サイトメガロウイルス、HIV、HBV、HCV、HGVなどが感染し、唾液から、EBウイルス、クラミジア・トラコマティス、単純ヘルペスウイルス、淋菌、サイトメガロウイルス、ヒトヘルペスウイルス8、...

性感染症 STIのなかで皮膚に症状が現れる疾患はどんな疾患がありますか?山口 皮ふ科 下関 皮膚科

 現在皮膚科で扱う性感染症として細菌感染症として梅毒、軟性下疳、鼠径肉芽腫症(ドノバン症)、クラミジア感染症として鼠径リンパ肉芽腫症、ウイルス感染症として性器ヘルペス、尖圭コンジロ-マ、B型肝炎(HBV)、C型肝炎(HCV)、G型肝炎(HGV)、ヒト免疫不全ウイルス感染症(HIV)、ヒトT細胞白血病(HTLV)、サイトメガロウイルス感染症、EBウイルス感染症、真菌感染症として性器カンジダ症、その他疥癬、ケジラミ症、赤痢アメーバなどがあり...

性感染症 STIの歴史について教えてください。 山口 皮ふ科 下関 皮膚科

 性病は有史以来存在していたといわれておりますが、梅毒がはじめてヨーロッパにもちこまれたのは、1493年、コロンブス(スペイン)の第1回アメリカ探検隊の隊員が西インド諸島の原住民との性交渉により感染したとされています。

 その後、隊員が傭兵になったイタリア戦争を期にフランス、イタリアに広がり、ナポリ病またはフランス病と敵国の名を病名としたが、自由を謳歌するルネサンス時代であったため全ヨーロッパに拍車をかけてひろがった。

 ヴィーナスなような麗人から感染する病気とも...

 STIは性感染症sexually transmitted infections(STI)の略で、性的接触により伝播して拡がる感染症をSTIと呼んでいます。近年、性の開放、性行動内容の多様化に伴い、STIが増加し、最も恐れられているAIDSも無症候のSTIとして、日本でもかなり広がりつつあります。若年者、特に25歳以下の若年女性のSTIが増加し、その対策が急務となってきております。STIの初期症状として一番気が付きやすい皮膚に出現する疾患が多く、従ってSTIの正しい知識を身につけ、できるだけ早期に治療を行い、他への感染を防ぎ、STI...

Please reload

お知らせ

“皮脂欠乏症? 下関皮ふ科

2019/10/15

1/50
Please reload

症例目次
アーカイブ
Please reload