ももさき皮ふ科ブログとお知らせ

秋に多くなる皮膚の症状を説明します。

皮脂欠乏症(乾皮症)
• 皮脂欠乏症は皮膚の表面の油が減少するこ とにより皮膚の水分が減少して乾燥を生じる 状態。
• 下腿、大腿外側、腰臀部に症状が出やすい。
• 秋から冬にかけて60歳以上の 95%に下腿の乾皮症を認め、 その半数がかゆみを訴える。
乾皮症を引き起こす要因
①加齢 女性のほうが男性より、やや早めの年齢で皮膚 の乾燥が始まる。
②季節 空気が乾燥しやすい秋から冬に多い。
③基礎疾患 アトピー性皮膚炎、糖尿病、血液透析、抗がん剤 治療
④生活習慣

とびひとは民間で言われる俗名で、皮膚科の正式病名は伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と言います。細菌による皮膚の感染症です。ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌と略します)などが原因菌です。接触によってうつって、火事の飛び火のようにあっと言う間に広がるから、たとえて“とびひ”と言うのです。あせも・虫刺され・湿疹などをひっかいたり、転んでできた傷に二次感染を起してとびひになります。また、鼻孔の入り口には様々な細菌が常在しているため、幼児・小児で鼻を触るくせがあると、鼻の周囲からとびひが始まったり、その手であせもや虫刺されなどをひっか...

伝染性膿痂疹(とびひ)

水ぶくれや糜爛(びらん)からの浸出液を触ったり、引っ掻いたりすると、中の細菌で次々にうつります。特に鼻の入り口には原因の細菌が沢山いるので鼻をいじらないようにしましょう。
病変が広範囲の場合や全身症状のある場合は学校を休んでの治療を必要とすることがありますが、病変部を外用処置して、きちんと覆ってあれば、学校を休む必要はありません。

日本皮膚科学会

 表皮と真皮は、それらの間に接着剤のような役割を持つタンパクによって強固に接着しているため、皮膚に外力が加わっても簡単には解離しない構造になっています。しかし、そのタンパクが正常に機能しないと日常生活における弱い外力でも皮膚や粘膜にびらんや水疱が生じる表皮水疱症を発症してしまいます。重症の場合には、繰り返して形成される水疱やびらんのために手や足の指趾が癒着するなど、日常生活が不自由になることもあります。

監修

 

医学博士
清水  宏 先生
(北海道大学大学院医学研究科皮膚科学分野 教授)

医学博士
新熊  悟 先生
(北海道大学大学院医学...

​​

伝染性軟属腫(みずいぼ)

幼児・小児によく生じ、放っておいても自然に治ることもありますが、それまでには長期間を要するため、周囲の小児に感染することを考慮して治療します。
プールなどの肌の触れ合う場ではタオルや水着、ビート板や浮き輪の共用を控えるなどの配慮が必要です。この疾患のために、学校を休む必要はありません。

日本皮膚科学会

 

 

​​

頭虱(あたまじらみ)

互いに触れ合って遊ぶ機会の多い幼児・小児には最近ではよく発生します。発生した場合はその周囲がみんな一斉に治療を始めることが大切です。頭虱は決して不潔だから感染したのではありません。頭虱だからと差別扱いしてはいけません。学校を休む必要はありませんが、できるだけ早く治療を受けてください。

日本皮膚科学会

 

 

伝染性紅斑(りんご病)

顔が赤くなり、腕や腿、体に発疹が出たときには、すでにうつる力が弱まっていることから、発熱、関節痛などの症状がなく、本人が元気であれば、学校を休む必要はありません。
 

日本皮膚科学会

 

 

Please reload

お知らせ

“皮脂欠乏症? 下関皮ふ科

2019/10/15

1/50
Please reload

症例目次
アーカイブ
Please reload