ももさき皮ふ科ブログとお知らせ

September 7, 2018

男性型脱毛症の治療はどうしますか? 下関 皮ふ科

男性型脱毛症は「病気」というよりは人体の自然現象ですが、若い人では悩むことだと思います。近年様々な研究が進み、有効な治療方法が登場しています。日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインではミノキシジルという成分を含有した外用剤とフィナステリドという内服治療薬が推奨されています。ミノキシジルは毛乳頭細胞を刺激して毛母細胞の増殖を促す成長因子を出させる作用があることが分かっています。フィナステリドはII型5α-リダクターゼの作用を抑えて、毛包のミニチュア化を防ぎます。この内服薬は自費診療...

June 2, 2017

円形脱毛症の治療法はどうしますか?下関 皮ふ科

日本皮膚科学会では円形脱毛症診療ガイドラインを作成しています。病気が始まってからの期間と脱毛面積に応じて治療法を決めていきます。始まったばかりで小範囲しか脱毛していない場合は、ステロイドや塩化カルプロニウムなどの外用療法やグリチルリチン、セファランチンの内服療法で様子をみます。狭い範囲ですが経過が長引くようなら脱毛部にステロイドを局所注射する治療法や雪状炭酸圧抵療法もあります。ステロイドの局所注射は痛みを伴うことと、副作用として注射したところがへこんでしまうことがあり得ること、注射部分に...

May 31, 2017

トリコチロマニア(抜毛癖)はどんな脱毛症ですか?下関 皮ふ科

一種の癖で自分の毛を抜いてしまうために、脱毛状態になるものです。学童期の子供さんに多く見られます。毛自体の病気ではありませんし、抜毛行為を止めてくれれば毛は生えてきます。たいていは利き手側の頭髪を抜きますが、眉毛などを抜くこともあります。脱毛部には切られた毛が不規則に残り、ところどころ頭皮を傷めて赤くなっていたり、脱毛部の形は円くはありません(図11)。脱毛に対する治療は不要ですが、円形脱毛症や脱毛を伴う頭部白癬と間違われて治療されることがあり、注意を要します。

監修

新潟大学...

May 31, 2017

円形脱毛症 かつらを使っていると治療に影響しませんか? 下関 皮ふ科

蒸れるので病気や治療に悪影響があるのではと心配される患者さんもおられますが、問題ありません。むしろ使うことで治療にも社会生活にも前向きになれ、QOL(生活の質)が向上します。

監修

新潟大学大学院医歯学総合研究科分子細胞医学専攻細胞機能講座皮膚科学分野 

伊藤雅章 先生

大阪大学大学院医学系研究科皮膚・毛髪再生医学寄附講座

板見智 先生

 

ももさき皮ふ科 院長

監修 桃崎 直也 
 

脱毛症について

脱毛症には いろいろな種類があります。

それぞれの症状にあった治療が必要となります。

  • 円形脱毛症

  • 全身性疾患に伴う脱毛症(膠原病、甲状腺疾患、亜鉛や鉄の欠乏など)

  • 瘢痕性脱毛症

  • 男性型脱毛症

  • 休止期脱毛

  • トリコチロマニア(抜毛癖)

  • 薬剤性脱毛症

  • 先天性脱毛症


     

    症状によって採血、皮膚生検(皮膚を採取し、組織学的な検討を行います)などを行いながら、それぞれ患者さんの病型のタイプや重症度をしっかりと判断することで、適切な治療を選...

日本皮膚科学会 円形脱毛症 診療ガイドライン2010 下関 皮ふ科

診療ガイドラインは、科学的根拠に基づき、系統的な手法により作成された推奨を含む文書です。患者と医療者を支援する目的で作成されており、臨床現場における意思決定の際に、判断材料の一つとして利用することができます。

診療ガイドラインは、医療者の経験を否定するものではありません。またガイドラインに示されるのは一般的な診療方法であるため、必ずしも個々の患者の状況に当てはまるとは限りません。使用にあたっては、上記の点を十分に注意してください。臨床現場においての最終的な判断は、主治医...

December 15, 2014

その他の脱毛症はどんなものですか?下関 皮ふ科

 

様々な脱毛症があり、脱毛の状態も様々ですが、多くは脱毛の原因がはっきりしています。膠原病、代謝病、消化器病などの全身病、過激なダイエット、薬剤の副作用、あるいは頭皮の細菌・真菌などの感染症、湿疹・皮膚炎や腫瘍でも脱毛することがあります。これらのときは、その原因となる病気の治療が優先し、多くはその病気が良くなれば毛も回復します。ただし、熱傷や外傷後など、皮膚の瘢痕化による脱毛は回復しません。
 いずれにしても、脱毛状態の正しい診断が重要ですので、皮膚科専門医に診てもらうことが大切です。

 

...

December 15, 2014

生まれつき頭の毛が少ないのですが何故でしょうか?下関 皮ふ科

 

生まれつき毛が少ない状態もいろいろありますが、このときは乏毛症または無毛症といい、脱毛症とは区別しています。縮れ毛を伴っていることもあります。遺伝性の病気で、毛以外の他の臓器の異常を伴っている場合と毛だけに変化を認める場合があります。最近、原因になる遺伝子の異常が色々解ってきています。日本では、ある酵素の遺伝子の異常で乏毛症になることが多いことが解ってきています。現時点ではこれらはほとんど治療方法がありませんが、将来的には治療法が開発される可能性もあります。

 

監修

 

 

 

新...

December 15, 2014

抜毛の癖は、どうすれば止められるのでしょうか?下関 皮ふ科

 

どうして抜毛行為をするようになったかを考えてあげることが大切です。爪咬みと同じように単なる癖のこともありますが、多くは、おとなしい、聞き分けの良い子で、子供なりの精神的ストレスを我慢し、それから逃避するために抜毛行為を始めます。そのストレスの原因は人間関係や環境の変化が多いのですが、とくに家庭内、中でも母親との関係が問題となることが多いようです。いずれにしても、周囲の人たちが患児の気持ちを理解して、叱らず、優しく注意するなどして抜毛の癖を止めさせることが大切です。皮膚科専門...

December 14, 2014

ストレスが円形脱毛症の原因ではないのですか?下関 皮ふ科

 

確かに何か精神的ストレスがあったときに脱毛が始まってしまう患者さんもおられます。しかし、多くの人は関係なく始まっているのです。なぜリンパ球の炎症が始まるのかが問題ですが、ある人では精神的ストレスがきっかけ、つまり原因と言うよりは誘因になるのかもしれません。その他にも違う誘因があり得ますし、多くの場合は誘因がなくても始まってしまうのでしょう。円形脱毛症の頻度は人口の1~2%と推測され、この頻度は日本のどこでも、また米国でも同じで、社会情勢が変わっても変わりません。また、患者さん...

Please reload

お知らせ

“皮脂欠乏症? 下関皮ふ科

2019/10/15

1/50
Please reload

症例目次
アーカイブ