検索
  • 下関 皮膚科 ももさき皮ふ科 

掻破について


掻破について

 にきびをさわること、潰すことは、にきびにとってよくありません。頬杖をついたり、どのくらいあるかを確かめるためにこすったり、膿を出すために押したり、つついたりすするのは避けましょう。また、いつも触っていると、もともとあるにきびがよくならないだけでなく、新しいにきびができる原因にもなりかねません。  どうしても触ってしまう方は、触る回数を日誌につけてみるといいでしょう。にきびを過剰に意識していることが触る癖につながります。同時に鏡を見る回数も数えてみてください。鏡を見る回数を減らすと触る回数も減ります。

監修

林  伸和 先生 (虎の門病院皮膚科 部長)

ももさき皮ふ科 院長

監修 桃崎 直也 

#皮ふ科用語集

0回の閲覧