検索
  • 下関 皮膚科 ももさき皮ふ科 

シラクモ(頭部白癬)とは何ですか?下関 皮ふ科


シラクモ(頭部白癬)とは何ですか?下関 皮ふ科

シラクモは白癬菌が髪の毛に寄生して生ずる皮膚病で、戦前はよく見られたのですが、現在は稀です。おもな症状は楕円形に髪の毛が抜け、表面にフケ様の細かい鱗屑がみられますが、痒みなどの自覚症状はありません。脱毛斑内の毛は折れやすく、また抜けやすくなっており、毛の根本で毛が切れると、残った毛が黒く点状に見えることがあります。円形脱毛症やフケ症(脂漏性皮膚炎)と誤診されることがあり、ステロイドの外用が行われると、おできのようになり、膿んで盛り上がり、痛くなります。これはケルズス禿瘡と呼ばれます。トリコフィトン・トンスランスや犬、猫に寄生しているミクロスポルム・カニスによるものが多く見られ、ステロイド外用薬の誤用により、ケルズス禿瘡となっていることがよくあります。

監修

医学博士 渡辺 晋一先生 (帝京大学医学部皮膚科 教授)

ももさき皮ふ科 院長

桃崎 直也 

#白癬菌水虫他

31回の閲覧