検索
  • 下関 皮ふ科 ももさき皮ふ科

表皮水疱症ってどのような病気ですか? 皮ふ科下関


 表皮と真皮は、それらの間に接着剤のような役割を持つタンパクによって強固に接着しているため、皮膚に外力が加わっても簡単には解離しない構造になっています。しかし、そのタンパクが正常に機能しないと日常生活における弱い外力でも皮膚や粘膜にびらんや水疱が生じる表皮水疱症を発症してしまいます。重症の場合には、繰り返して形成される水疱やびらんのために手や足の指趾が癒着するなど、日常生活が不自由になることもあります。

監修

医学博士 清水  宏 先生 (北海道大学大学院医学研究科皮膚科学分野 教授)

医学博士 新熊  悟 先生 (北海道大学大学院医学研究科皮膚科学分野)

#皮膚の学校感染症について #表皮水疱症

0回の閲覧