検索
  • 下関 皮膚科 ももさき皮ふ科

血管炎とは どのような症状が生じたら血管炎が疑われますか? 下関 皮膚科


 全身性血管炎では発熱、頭痛、倦怠感、体重減少、多関節痛、筋肉痛といった全身症状に加えて、腎臓、心臓、肺、消化器そして神経などの血管の障害によって生じる多彩な臓器症状がみられます。腎不全、高血圧、肺炎、消化管潰瘍、神経炎などの何れか、あるいは複数の症状が出現します。皮膚症状としては、紫斑、血疱、潰瘍、皮下結節などの症状がみられます。皮膚に紫斑を認め、全身症状を伴う場合には血管炎が疑われます。  

監修 

北里大学医学部皮膚科名誉教授 勝岡 憲生先生

ももさき皮ふ科 院長

監修 桃崎 直也 

#血管炎

28回の閲覧