検索
  • 下関 皮膚科 ももさき皮ふ科

太田母斑はどのような病気ですか? 下関 皮ふ科


太田母斑はどのような病気ですか? 下関 皮ふ科

 太田母斑は額、目の回り、頬、鼻、耳介に生ずる青アザで、通常、顔の片側に生じます。しかし稀に両側性に生ずることもあります。皮膚病変は生後半年以内に生ずることが多いのですが、出生時に存在することは稀です。  また思春期に色が濃くなったり、新たに色素斑が生ずることがありますが、20~40歳台に発症することも稀ではありません。典型的な太田母斑は青紫色から灰紫青色で、そこに薄い褐色の小色素斑が混在します。  しかし色調が一様な褐色斑であると茶アザ、小さな褐色斑が左右対称に生ずるとソバカス、中年以降に両側性に生ずるとシミと誤診されることもあります。従ってシミと思っていても淡褐色斑に青色ないし灰紫色を混じたり、点状の色素斑を混じている場合は太田母斑の可能性があります。  また目の下のくまと言われているものも多くは軽症の太田母斑です。しばしば白眼のところに青色の色素斑が存在することがありますが、この場合は出生時に顔に色素斑が存在しなくても、ほとんどの症例が思春期までに顔に青アザが生じ、しかも色素斑は広範囲に拡大することが多いようです。

監修

医学博士 渡辺 晋一 先生 (帝京大学医学部皮膚科 教授)

ももさき皮ふ科 院長

桃崎 直也 

#あざ #ほくろ

11回の閲覧