検索
  • 下関 皮膚科 ももさき皮ふ科 

日焼け 光老化は普通の老化とどう違うのですか? 下関 小倉 皮ふ科


日焼け 光老化は普通の老化とどう違うのですか? 下関 小倉 皮ふ科

お年寄りの顔にはシミやしわが多く、またイボ状の変化も見られます。しかし、これは歳をとっただけで起こったものではありません。現にお年寄りでも日光を浴びない太股の内側などは色が白く、柔らかで、細かいしわはあるものの、深いしわはありません。通常の老化は年齢と共に身体の生理的機能が損なわれていくことですが、光老化は慢性の紫外線傷害です。これは加齢によって起こる老化とは質的に違う変化で、加齢による老化に上乗せの形で起こります。

一番大きな違いは加齢による老化では皮膚の厚さや色が薄くなる方向に向かいますが、光老化は紫外線に対する防御反応として、皮膚は厚くゴワゴワになり、色も濃くなります。それがシミ、しわとなって現れます。

 光老化で特徴的なことは真皮にあって皮膚の張りを保つ弾性線維が破壊され、お団子状態になる光線性弾性線維症という変化が起こることです。

監修 医学博士上出 良一 先生

(東京慈恵会医科大学第三病院皮膚科 部長)

#日焼け #紫外線

0回の閲覧