検索
  • 下関 皮膚科 ももさき皮ふ科 

日焼け サンスクリーン剤の成分は? 下関 小倉 皮ふ科


サンスクリーン剤に含まれる主要成分として紫外線吸収剤と、散乱剤があり、これらが単独あるいは組み合わせて用いられています。吸収剤はUVB領域の紫外線をよく吸収しますが、UVAを効果的に吸収する成分は限られているのが現状です。散乱剤は酸化チタンや酸化亜鉛が主体で、UVBからUVA領域まで広く遮断します。以前は塗ると白くなる製品が多かったのですが、最近では改良が進み、使いやすいものが増えています。吸収剤はまれにかぶれを起こすことがあるので、かゆみや赤みが生じたら、ノンケミカルとか吸収剤未使用などと表示されている散乱剤だけの製品が良いでしょう。ただし、強い遮断力を必要とする場合は、吸収剤入りの方が効果的です。

監修 医学博士上出 良一 先生

(東京慈恵会医科大学第三病院皮膚科 部長)

#日焼け #紫外線

9回の閲覧