アトピー性皮膚炎 シクロスポリンはどのような場合に使われるのですか? 下関 小倉 皮ふ科


2008年から、カルシニューリン阻害内服薬であるシクロスポリン(ネオーラル®)がアトピー性皮膚炎に対して使用可能になりました。シクロスポリンを使えるのは、既存の治療に抵抗する成人の最重症例で、間欠的に使用を繰り返してもよいのですが、使用開始(再開)後3ヵ月以内に休薬することが使用指針により求められています。本薬剤は成人の最重症・難治例に対して短期的に使用するべきもので、アトピー性皮膚炎の治療に精通した医師のもとで使われることを前提としています。

日本皮膚科学会編「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」について

監修 佐伯 秀久先生 (東京慈恵会医科大学皮膚科 准教授)

#アトピー性皮膚炎

お知らせ
アーカイブ
症例目次
まだタグはありません。
 

© 2017
ももさき皮ふ科

083-228-5015

Tel