アトピー性皮膚炎 顔ではステロイド外用薬の副作用が出やすいと聞きましたが、どのようにすればよいのでしょうか? 下関 小倉 皮ふ科


IMG_4627-01.jpg

顔は毛穴が多く薬の吸収がよく、効果も得られやすいためミディアムクラス以下の弱いステロイドを使うことが原則となります。また、1日2回の外用は1週間程度に留めるのがよいでしょう。カルシニューリン阻害外用薬のタクロリムス軟膏はステロイド外用薬でみられる皮膚萎縮や毛細血管拡張などの局所副作用がないため、顔の皮疹に対して有用性の高い外用薬です。

日本皮膚科学会編「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」について

監修 佐伯 秀久先生 (東京慈恵会医科大学皮膚科 准教授)

#アトピー性皮膚炎

お知らせ