日常生活で注意すべきことはありますか。 下関 皮膚科

November 3, 2015

 水疱、びらんが皮膚にできている時は、柔らかい素材でできた、脱ぎ着しやすい衣服を着用しましょう。固いものを塊でたべると、口腔内、食道にびらんができやすくなるので、できるだけ細かくきざんでから食べましょう。歯磨きも注意深く優しく行い、口腔ケアに気をつけましょう。 ステロイドは、決まった量を毎日忘れることなく内服しましょう。急に内服を中止するとショック状態になることがありますので、規則的に毎日内服することが必要です。大変危険ですので、決して自己判断で内服を中止したり、変更したりしないで下さい。 早寝早起きなど規則正しく生活リズムを整えましょう。退院後は、散歩など適度の運動も大切です。人混みのところは、インフルエンザなどの感染症がうつらないようにマスクを着用しましょう。

 

監修

 

 

天谷 雅行先生(慶應義塾大学医学部皮膚科学教室 教授)

 

 

 

 

 

 

ももさき皮ふ科 院長

監修 桃崎 直也 
 

 

 

Please reload

お知らせ

“皮脂欠乏症? 下関皮ふ科

October 15, 2019

1/50
Please reload

アーカイブ
Please reload

症例目次