血管炎とはどのような病気ですか? 下関 皮膚科


 血管炎をわかりやすく説明するのは少し難しいことですが、一言で表現しますと「血管を炎症の場とする疾患」ということになります。血管は全身に隈なく分布しており、血管の障害は種々の臓器障害をもたらします。血管炎は、主に障害される血管の大きさにより分類され、その中には特徴のある臨床症状、検査所見を有する種々の疾患が含まれます。血管炎は皮膚に限局して生じる一部の疾患を除いて、多くは全身症状を伴います。

監修

北里大学医学部皮膚科名誉教授 勝岡 憲生先生

ももさき皮ふ科 院長

監修 桃崎 直也 

#血管炎

お知らせ
アーカイブ
症例目次
まだタグはありません。
 

© 2017
ももさき皮ふ科

083-228-5015

Tel