虫さされの全身症状は? 下関 皮膚科


虫さされの全身症状は? 下関 皮膚科

日本に生息している虫には、ヒトの生命を脅かすほどの猛毒を持つ種類はほとんどいません。しかし、刺された後に強いアレルギー反応が起こって、全身にジンマシンが出たり、気分不良や腹痛、意識消失などが生じることがあります。特に注意が必要なのはハチで、中には刺 されて30分以内にショック症状をきたす特異体質の人がいます。  なお、最近では海外から様々な生き物(サソリなど!)が輸入され、ペットとして飼われていますので、これらの生き物によって被害が生じる可能性もあります。また、近年ではセアカゴケグモのような毒グモが定着している地域もあり、咬まれると局所の痛みだけでなく筋肉痛や吐き気、頭痛などの全身症状をきたすことがある、とされています。 

監修

夏秋  優 先生 (兵庫医科大学皮膚科 准教授) 

ももさき皮ふ科 院長

監修 桃崎 直也 

#虫さされ

お知らせ
アーカイブ
症例目次
まだタグはありません。
 

© 2017
ももさき皮ふ科

083-228-5015

Tel