ヘノッホ・シェーンライン紫斑病の原因は何ですか? 下関 皮膚科

 細菌・ウイルス感染、薬剤、妊娠、悪性腫瘍などが誘因と考えられています。小児の本症の約半数は上気道(咽頭・喉頭)感染症に続いて発症します。感染病原体としては、A群溶血性連鎖球菌、“みずぼうそう”と言われる水痘ウイルス、B型肝炎ウイルス、ヒトパルボウイルスB19などの報告があります。成人でも上気道感染の先行はみられますが、小児に比較すると少なく、内臓感染症の有無なども検討する必要があります。

  

 

監修

 

 

北里大学医学部皮膚科名誉教授
勝岡 憲生先生

 

 

 

 

 

 

ももさき皮ふ科 院長

監修 桃崎 直也 
 

 

 

Please reload

お知らせ

“皮脂欠乏症? 下関皮ふ科

October 15, 2019

1/50
Please reload

アーカイブ
Please reload

症例目次