青あざの治療はいつしたらよいですか? 下関 皮ふ科

青あざの治療はいつしたらよいですか? 下関 皮ふ科

 

太田母斑はQスイッチ・レーザー治療をいつ行ってもきれいにすることができますが、一般に小児の方が、治療回数が少なくてすみます。しかしレーザー治療には強いゴムで弾かれたような痛みをともなうので、小児ではあばれて、レーザー光線が目に入ると失明する危険性があります。
 
 従って小児期にレーザー治療を行う場合は、全身麻酔を受ける必要があります。今では小児でも安心して全身麻酔を受けることができますが、レーザー治療を何回か繰り返す必要があるため、麻酔による副作用を無視することはできません。
 
 しかも小児期に太田母斑のレーザー治療を行い、色素病変が消失しても、約半数の患者さんは、思春期頃にまた色素病変が生じてきます。従って、太田母斑が完全に完成する思春期以降になってからレーザー治療を行った方が、二重手間になりません。しかも成人になってから治療しても、きれいに治すことはできます。

 一方蒙古斑の大部分は10歳前後に消えるので、小児期にレーザー治療を行う必要はありません。ただし、異所性蒙古斑では、完全に消えることはないため、レーザー治療の適応となります。しかしこれらの異所性蒙古斑も10歳頃までには、ある程度色調の改善がみられるので、10歳過ぎてからレーザー治療を開始した方がよいかもしれません。
 
 また通常の蒙古斑でも成人になって残存するもの(持続性蒙古斑)もレーザー治療の対象となります。但しこれらの蒙古斑は太田母斑と比べ、色が皮膚深部に存在する可能性があるため、太田母斑よりレーザーの効きが悪い可能性があります。

  

監修

 

医学博士
渡辺 晋一 先生
(帝京大学医学部皮膚科 教授)

 

 

 

 

 

 

ももさき皮ふ科 院長

桃崎 直也 
 

 

 

Please reload

お知らせ

“皮脂欠乏症? 下関皮ふ科

October 15, 2019

1/50
Please reload

アーカイブ
Please reload

症例目次