下関 皮膚科 “神経線維腫症1型 日常生活で気をつけることはありますか?


下関 皮膚科 “神経線維腫症1型日常生活で気をつけることはありますか?

年齢によりでてくる症状が違いますが、多くの患者さんは通常日常生活で注意することはありません。しかし、大きな神経線維腫(びまん性神経線維腫)がある場合には、何かにぶつかった際に内出血をおこしたり、急に大きくなった場合には悪性の可能性があるので、気になる症状があれば早めにかかりつけの医療機関で相談を行ってください。

監修

【神経線維腫症1型】 吉田 雄一 先生 (鳥取大学医学部附属病院皮膚科 准教授)

【神経線維腫症1型】 中山樹一郎 先生 (福岡大学医学部皮膚科学 教授)

【結節性硬化症(プリングル病)】 金田 眞理 先生 (大阪大学大学院医学研究科情報総合医学講座皮膚科学 講師)

ももさき皮ふ科 院長

桃崎 直也 

#神経線維腫症1型

お知らせ
アーカイブ
症例目次
まだタグはありません。
 

© 2017
ももさき皮ふ科

083-228-5015

Tel